Leap

CATEGORY : 企業
AREA : 東京・中野

<Summary>
建設業界の「職人不足」という深刻な時代の中、我々は、「BROTHER」をアイデンティティに、創業5周年を迎えた内装会社のブランディングを手掛けました。

<Description>
日本の建設業界は今、「職人不足」という深刻な問題を抱えています。そんな中、我々が手掛けたのは、創業5周年を迎えた小さな内装会社のブランディングです。「職人不足な建設業界で、改めて“社員の繋がり”を見直し、そのシンボルとなる会社を目指そう」いう企画のもとに、「とことん向き合い、とことん語り合う」を会社のスタンスとし、「TALK TO VISION」を企業スローガンに掲げてブランディングを行いました。
刷新したロゴマークは、「夢」を花言葉に持つ、「Bouvardia」という花をモチーフに、会社名の頭文字である「L」を用いて、互いに向かい合った形で、力強く成長していくような姿でデザインしました。これは、何事にもきちんと向かい合い、ともに夢に向かって進んでいくという想いが込められています。また、プレゼンテーションで使用するボックスや紙袋、パンフレット、動画などでは、その「繋がり」の深さと、「仲間とともに夢に向かって進んで行くんだ」という力強い想いを、広大な山々の風景や朝日が差し込む森林の風景で見立てて表現しています。